香港次どこブログ

香港観光グルメ・香港ディズニーランド情報満載!「次はどこで遊ぼっかな?」って思ったら見るサイト。

韓国旅行記★その5:韓国の免税手続きの方法と、知っておくと便利なポイント

      2015/07/29

タックスリファウンドカウンター
韓国で買い物をすると、日本の消費税にあたるVATという付加価値税を10%
支払うことになる。

今回、韓国で免税で買い物するにはふたつの方法があることが分かった。

A:ひとつは免税店で買い物する方法

B:もうひとつは、事後免税制度(タックスリファンド)を使う方法。

AとBの方法それぞれについて、「こうやったら免税で買い物できたよ。」
という体験談を記録しておきます。(ちなみに仁川空港を使いました。)

スポンサーリンク

A:免税店で買い物する方法(こっちは非常にシンプル)

★場所は空港の免税店と、ソウル市内の6つの免税店(ロッテ免税店など)

★すでに税金を含んでない金額で購入する。(店頭の価格表示はすべて米ドル

★市内の免税店で購入した場合、品物は韓国の空港で出国審査後受け取る。
なので必ず機内持ち込み手荷物になる。(なので大きいとちょっと大変。)

仁川空港
例:↑仁川空港にある、ロッテ免税店の商品受取所。

ポイント!市内の免税店で買い物する時の注意点

★パスポート提示が求められるので。パスポートを忘れずに!

★帰りの飛行機の便名と時間を聞かれるので分かるようにしておく。

Aの方法は以上です。

B:事後免税制度(タックスリファンド)について

こっちの方法はちょっと面倒(´・_・`)

これは、簡単にいうとTAX FREE(免税)の指定店で3万ウォン以上購入し
所定の手続きをしたら、税金が戻ってくるよ。というもの。

ただ、付加価値税10%が全て還付されるというわけではないみたい。
今回は5.9~6.4%の税金が戻りました。(お店によって違う。)

(ガイドブックによると最大8.18%還付されるらしいです。)

手続きがちょっと面倒なんだけど、「戻る税金は一円でも取り返す!」
が、わたくしのモットーですので挑戦してみました( ̄- ̄)ゞ

ポイントと共に体験談を記録しておきます。

◎まず税金還付でどれだけお得になったのか?

今回私はソウル市内のメガネ屋さんでメガネを購入しました。

メガネの代金:260,000ウォン

還付された税金:15,500ウォン(約5.96%)←これだけ戻りました。

◎税金が戻るまでの流れと注意点

①Tax Freeの指定店で買い物をする。(税込の金額を支払う。)

韓国 タックスフリー韓国 タックスフリー

ポイント!タックスフリーの指定店は上のマークが貼ってあるんだけど
マークが見つけられなくても聞いてみると、意外と指定店だったりする。

(写真はKONESTのサイトよりお借りしました。)

 

②店の人にTax Free Form(タックスフリーフォーム)を発行してもらう。

ポイント!お店の人は、自ら進んでフォームを発行することはしない。
必ず自分から「タックスフリープリーズ」と言うように習慣づけよう。

ソウル市内の服屋など「ここはないだろ。」と思うようなカジュアルな
小さい店舗でも意外とタックスフリーフォームを発行してくれました。

 

③帰りの空港に行く前にタックスフリーフォームを記入しておく。

今回フォームは2種類ありました。お店によって違うみたいです。

★ひとつはこんな感じ↓(Blue Tax Free Formの見本)
韓国 タックスフリーフォーム

★もう一つはレシートのようなペロペロのこんなの↓(White Tax Free Form)
タックスフリーフォーム

※どちらも記入事項は同じようなもんです。

・国籍(Nationality)
・パスポート番号(Passport No.)
・名前(Name)
・住所(Home address)
・郵便番号(Postcode)
・国(Country)
・Eメールアドレス(Email)

など。英語で記入しましょう。

 

④空港の税関でタックスフリーフォームにCustoms Stampを押してもらう。

空港に着いたら未使用の購入品と記入済みタックスフリーフォームを提示し、

タックスフリーフォームにCustoms stamp(税関スタンプ)を押してもらう。

※税関スタンプをもらう場所(税関)はこちら。
韓国仁川空港 税関スタンプ

見て!すんごい行列でしょ?何百人といました。

これに並ばないといけないなら、数千円の還付なんてどうでもいいや。
ってあきらめそうになるよね。私もそう思いました。

しかし!

諦めなくて大丈夫かも。

ここでに並んでいる人は(おそらく)購入品が機内持ち込み手荷物として
持ち込めないほど大量なんだと思う。

すなわち、購入品を見せ、税関スタンプをもらった後その購入品をスーツ
ケースに詰め込んでからチェックインに進みたいんだと思う。

はい、ここでポイント!

勘違いしている人が多いみたいだけど、購入品を提示し税関スタンプが
もらえる場所は、ここの他にも、チェックイン後出国審査を済ませた後の
エリアにもありました。(仁川国際空港の話です。)

仁川空港 マップ

この地図の青いCのマーク(Customs stamp)が税関スタンプがもらえる
場所。(上の行列はJの辺り)

ということは!

購入品が小さい物で、機内持ち込み手荷物にする場合はこの列に並ばず
さっさとチェックインして出国審査を済ませてOKなのです。

で、私達はそうしました。ちょっと手荷物増えるけど並ぶよりマシ。

そして出国審査後にある地図Cの窓口に行き税関スタンプをもらいました。
仁川空港 税関スタンプ

ここです、誰も並んでないでしょw

⑥上記地図のGate28付近、Global Blue Customer Services Centerで税金還付

タックスリファウンドカウンター
ここですね↑スタンプをもらったカウンターの向かい側にありました。

ここで、税関スタンプの押してあるタックスフリーフォームを提示し、
ようやく支払った税金を還付してもらえます。

ちなみに私は現金ではなく、支払いの時に使った香港発行のクレジット
カードに払い戻してもらうようお願いしました。それも可能でした。

***

初めての免税手続きということもあり、かな~り面倒くさかったです。

ガイドブックの解説も分かりづらく、少額だったら諦めてたかも。

でもメガネ以外にも二人で結構買い物してたんで諦められませんでした( ;∀;)

上記はあくまでも私の体験談を綴っただけです。

詳しい免税方法の規則など知りたい方はこちらのサイト(KONEST)
参考になると思います。

ではでは再見!

韓国に行く方、ご参考までm(__)m
にほんブログ村 海外生活ブログ 香港情報へ

 - 韓国旅行記

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

リムジンバス 時刻表
韓国旅行記★その2:仁川空港~ロッテホテルのリムジンバスが快適だったよ。

5:10AM ソウルの仁川(インチョン)国際空港に到着。 早朝にも関わらず、イミ …

ロッテホテル ロビー
韓国旅行記★その3:ロッテホテルソウルの本館に泊まったよ。

韓国のホテルの等級区分の仕方 今回初めて知ったんだけど、韓国のホテルは「5つ星」 …

ロッテホテル エステ
韓国旅行記★その4:ロッテホテルのスパで驚愕と幸福のエステ体験

深夜便で早朝にロッテホテルに到着、チェックインした後は外で軽い 朝食を食べ、その …

キャセイ ビジネスクラス
香港から行く韓国旅行★その1:深夜便に乗ったよ。

週末を利用して韓国にグルメとショッピングの旅に行ってきました~。 香港次どこブロ …